Skip to content

誤って原付バイクで高速道路に入ってしまった場合はどうなる?

Posted in バイクで高速に乗る前に

高速道路

基本的に原付(1種、2種)で高速道路本線まで入ってしまう・・・という事態は。

  • 係員の制止をふりきって
  • ETCを装備して
  • 無人料金所で券をとって

と、見落としやうっかりではない確信犯的な悪意の上でないと、なかなか起こらないことではないでしょうか。

無人の料金所でもゲート付近の通行は常にモニタされていますし、一般利用者からの「原付が通行している」との通報があれば、高速道路交通警察隊が出動します。

無人の料金所からでも、おおよそ10分もあれば捕捉されてお縄になるでしょう。

「通行禁止違反」(違反点数2点、反則金5000円)

ただ、料金所手前まで入ってしまってから気づくことはあるかもしれません。

どうすればよい?

交通量極少の出入で2レーンといったICでは、安全を確認した上でそのままUターンもできるでしょう。

Uターンする際は、高速から出てくる車両から料金ブース等の死角にならない位置まで後退してからが鉄則です。

では、出入で10レーンあって、交通量もひっきりなしで、流れも速いような場合はどうすればよいでしょうか?

  • 決して交通の隙間を縫って無理にUターンしようとしてはいけません。
  • まずは決して焦らず、周囲の状況をしっかり確認しましょう。
  • 後続車から安全を確保できるところに、人車とも退避することです。
  • できるだけ相手から視認されやすく、退避の意図が伝わるよう行動しましょう。
  • 係員に自分の存在をアピールしましょう。
  • 場内放送または駆けつけた係員の指示に従ってください。
  • この規模の料金所が無人ということはありません。

多くは安全にUターンできるよう誘導してくれたり、管理用道路等を迂回して一般道に出たりということになると思います。

場合によっては。

そもそも簡単にUターンできないほどの交通流量のインターチェンジを、一時封鎖したりの大さわぎになったりもします。

くれぐれも気をつけましょう。

自動車専用道路

こちらは標識以外に明確な境目がありません。

うっかりしていると、知らない間に進入してしまうことが多いです。

多くの場合(そんなことはないのですが)準高速道路ともいえる状況なので、Uターンや後退は道路の構造的・交通量で厳しいこともあります。

その場合は思い切って次の出口まで進んでしまったほうが安全です。

できるだけ周りの交通の流れに乗ってしまうのがよいでしょう。

とにかく慌てて逆走し始めるのだけは絶対に避けるべきです。