Skip to content

バイクの「すり抜け」って高速でも違法?

Posted in バイクの「すり抜け」とは

すり抜けの定義

「すり抜け」とは特に””(走っている/停止している)クルマとクルマの間からの追い抜き・追い越し””のことを指す俗称といえますが、実のところ「すり抜け」として道路交通法に明記された行為はありません。

ですので「すり抜け」の法律的判断は「追い抜き・追い越し」および「通行区分・進路変更禁止」の規定に則って解釈されることとなります。

すり抜けの「一般道」での違法性

  • 抜いていく対象が動いているか、停まっているか。
  • 車線内での位置(追い抜き対象の右側・左側)
  • 車線表示線の示すルールとその解釈

これらが非常に複雑に絡みあい、多くの場合NGといえるが、OKな状況もないわけではない。

という非常にグレーなものとなっています。

~OKな場合~

  • 追い抜きが禁止されている箇所(交差点や横断歩道の手前30m等)を除き
  • 停止しているクルマを
  • その同一車線内で
  • 右側から
  • 充分な間隔(概ね1m以上)を保って

追い抜きする場合のみ明確にOKといえます。

~NGな場合~

基本的に上記のOKな場合を除き、””厳密に””解釈していくと全てNGとなります。

上記のOKな場合も、法律的な解釈はそうであり、追い抜き対象が停止していても、無理に同一車線内で追い抜こうと接近するのはむしろ危険であるため、さらに間隔をとるために区画線を踏んだり跨いだりすると、その時点で違反となると解釈できます。

基本的に「すり抜け」=違反

と理解しておいたほうが間違いないでしょう。

では、高速道路では?

上記の一般道と同様に、「追い抜き、追い越し」「通行区分・進路変更禁止」ルールの解釈が適用されます。

通行するのに何の問題もなさそうな広い路側帯(路肩)もありますが、通行すると違反です。

(通行区分違反 違反点数2点、二輪の反則金7千円)

ただ一般道に比べると車線が広いぶん、上記の「OKな場合」で処理できる局面はあるかもしれません。

実際の取り締まり

ただし、実際に四角四面に法適用した取り締まりが行われているかというと、そうでもありません。

以下はあくまで私の想像であり、実際に取り締まりに携わる人や、然るべき機関に問い合わせてみたわけではありませんが・・・

  • 検挙するには立証責任がついてくる
  • 立証はできても、それを納得させるのが面倒
  • 検挙するために周りに与える影響(すり抜け発生=それなりの交通状況)
  • その場で切符を切れず、後日裁判になるとそれも面倒

といったところから

  • 二輪の特権だとも言わんばかりの
  • 走行中/徐行中/停止中の車間を縫うように
  • 徐行中/停止中の車間をかなりの速度差で
  • 違反行為だとは思ってもいないように堂々と

で、事故やその二次・三次被害も予想できるような危険行為である。

と受け止められない限りはお目こぼし・・・されている印象はあります。

これは決して温情ということではないでしょうが、私自身すり抜けが完全クロということになると、暑さ寒さに耐えてまでバイクに乗る意義が半減するとも感じます。

最近はがっつり渋滞にお付き合いしてるお行儀の良いライダーも多いので、あれはあれでエラいなぁとは思いますが・・・

警察および四輪ドライバーを敵にはまわさない、節度をもった走りが大事ですね。