Skip to content

バイクで高速を走るときのオススメ服装一覧

Posted in オススメの服装一覧

ちょっと前までの、ライディングアパレルとして二輪用品大手が出している製品といえば

  • 世紀末覇者や戦隊ヒーローのコスプレのようなものだったり
  • やたらとロゴやスローガンが散りばめられていたり
  • そのスローガンがまた意味不明だったり、やたら小っ恥ずかしいものだったり
  • その色/組み合わせがまたなんともいえないセンスだったり

と、周囲からの視認性云々とはいうものの、ファッションとしての視点からだと惨憺たるものでしたが。

最近は多少は落ち着きのある、バイクから離れての散策での街着としても、(それほど)違和感を感じさせない程度で、ライディングに必要な機能を盛り込んだものも増えてきてうれしいところですね。

高速を走るときの服装

自分自身のことをいえば、「今日は高速に乗るから」といって、特に服装を変えるようなことはありません。

しかし、普段は街着(非ライディングアパレル)のままバイクに乗っているという人の場合は、高速道路を走行するための服装はあらためて考慮する必要があるかもしれません。

多くの街着は100km/h(風速278m/sec)に長時間耐えるには不都合のある場合が多いです。

特に着衣のバタつきや孕んでの抵抗は体力を奪うだけでなく、正確な操作を妨げることもあります。

では実際にどんなものが向いているかといえば。

基本的に乗車する上での”(能動・受動とも)安全を至上”とすると、ライダーの正装ともいえる革ツナギ一択となってしまいます。

が、やはり目的地や立ち寄り先で、革づくめでうろつく/訪問するのに気がひける場合は、耐擦過性や耐衝撃性、耐風(バタつき)性と引き換えに、もう少しライトなものを選ぶこととなります。

機能的に一番間違いないのは、やはりライディングアパレルとして販売されているもの(所謂ライディングジャケット/パンツ)でしょうか。

夏寄り3シーズン、冬寄り3シーズン(+冬用ライナー)、盛夏用フルメッシュ、厳冬用オーバーウェアと、季節と用途に合わせた素材別(化繊・綿・革)に各種あります。

デザイン的に納得できるものがあれば・・・ですが。

下も安全面での理想をいえば、膝カップ入りの革パン等になるかと思います。

革に準ずるのがバリスティックナイロン等の耐擦過性能をもった合繊でしょうか。

厚手のデニムは頑丈には見えますが、一般道はまだしも、高速域での転倒では屁のつっぱりにもならないということは覚えておきましょう。

~プロテクター~

プロテクターについては、基本的に防御性が高くなるほどに、動きやすさ・過ごしやすさ(暑さ、蒸れ、疲れ)とのトレードオフになっているところもあり、やみくもにあれこれつけたから良いというものでもありません。

爆弾処理班の耐爆スーツのようないでたちでは、運転はできませんね。

加えてアクシデント前提のサーキットと違って医療即応体制があるわけでもなく、いったん高速域での事故が起きれば、気休め程度にしかなりません。

しかしながら、運がよければプロテクターつけてたことにより、即死だったはずが半年入院で済んだり、一生歩けなかったはずが杖ついて歩ける程度で済むということはあるかもしれません。

最近の多くのライディングジャケット/パンツには、肘・肩・背中/膝・腰といった主要な箇所に簡易ではあってもプロテクターが内蔵されており、個々での装着の手間もかからず、大きく着心地を損なうこともありません。

近年では胸部プロテクターの重要性が喚起され、標準装備にするメーカーも増えています。

それでも一番大事なのは、プロテクターの効果を実証する事態にならないように走ることですね。

高速道路で最適なヘルメットの種類

~フルフェイス~

「高速道路の走行」にということであれば、問答無用でこれが一番。

最近は休憩でヘルメットをいちいち脱ぐ・被るのが面倒という人のためか? チンガードごと跳ね上げてオープンフェイスのような使い勝手(飲食等できる)のフルフェイス(システムヘルメット)もありますね。

~オープンフェイス(ジェット)~

走行時/転倒時の顔面のプロテクション・・・ということでは劣りますが。

視界の広さと、疲労に繋がる重量ではフルフェイスに勝ります。

「高速道路の走行」にということであれば、顎先まである大型のシールドのほうが良いでしょう。

シールドなし(+アイウェア)や鼻までのタイプは、一定速度以上になると乱流で目を開けられなかったり、生身の部分に虫や他車が撥ねた石やらが当たります。

~オフロード用ヘルメット~

オフロード用のバイザーの長いものは高速道路に乗る際は注意です。

バイザーだけ外せるなら外しておいたほうが良いでしょう。

ある程度以上の速度で不用意に首を振ると、頭ごともっていかれそうになります。

~その他のもの(半ヘル等)~

虫や他車が撥ねた石の対策で、目を保護するためのものも必要・・・ですが。

基本的に一般道であっても使用は避けたほうが賢明です。